他人の日記

楽をするために必死になる

Raspberry Piをリモート操作するために、まずIPアドレスを固定にした

Raspi Colour R

思い出の中でじっとしていてくれ

ご無沙汰しています、@Tanin_326です。

Raspberry Piでは、デフォルトでdhcpを使用しています。
dhcpだと、「ssh接続する際に、前回と違うIPアドレスが割り振られた」なんてことになりかねません。
ですので、固定IPアドレスを設定して、ssh接続では常に同じ番号を使用できるようにします。

変更前の確認

IPアドレスの確認

ipコマンドで、現在のIPアドレスを確認します。

$ ip a
1: lo:  mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
    inet 127.0.0.1/8 scope host lo
       valid_lft forever preferred_lft forever
2: eth0:  mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP qlen 1000
    link/ether b8:27:eb:c8:67:a8 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 192.168.0.12/24 brd 192.168.0.255 scope global eth0
       valid_lft forever preferred_lft forever

今回の場合だと、「192.168.0.12」がIPアドレスとなります。

IPアドレスの変更

interfacesの編集

interfaces設定ファイルを編集して、IPアドレスの取得をdhcpから固定にします。

$ sudo vi /etc/network/interfaces
auto lo

iface lo inet loopback
#iface eth0 inet dhcp   ← dhcpを削除
iface eth0 inet static  ← 固定を追加
address 192.168.0.200   ← 固定IPアドレス
netmask 255.255.255.0   ← サブネットマスク
gateway 192.168.0.1     ← デフォルトゲートウェイのIPアドレス

allow-hotplug wlan0
iface wlan0 inet manual
wpa-roam /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
iface default inet dhcp

今回は、IPアドレスを「192.168.0.200」に設定しました。

resolv.confの編集

引き続いて、resolv.confを編集します。

$ sudo vi /etc/resolv.conf
nameserver 192.168.0.1 ← nameserverを変更

変更の反映と確認

Raspberry Piの再起動

再起動して、設定を反映させます。

$ sudo reboot

変更の確認

ipコマンドで、IPアドレスの変更を確認します。

$ ip a
1: lo:  mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
    inet 127.0.0.1/8 scope host lo
       valid_lft forever preferred_lft forever
2: eth0:  mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP qlen 1000
    link/ether b8:27:eb:c8:67:a8 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 192.168.0.200/24 brd 192.168.0.255 scope global eth0
       valid_lft forever preferred_lft forever

ちゃんと、IPアドレスが「192.168.0.200」になりました。

まとめ

ひとまず、これで下準備は整いました。

以上、@Tanin_326でした。

«
»